えぇ…そこにあるの!? ラフテル海底説の根拠をまとめてみた

「ひとつなぎの大秘宝=ワンピース」を求めて旅する麦わらの一味ですが、「ワンピース」があるとされる「ラフテル」ってどこにあるのでしょうか?

空の上、レッドラインの上、月、浮島で移動している・・・など、ラフテルについてはいろんな考察がありますが、中でも信憑性が高い「ラフテル海底説」についてご紹介します。

ラフテルを確認したのはロジャー海賊団だけ

「ラフテル」といえば、グランドラインの最終地点で「ワンピース」のある場所とされていますね。双子岬のクロッカスが言うには、ラフテルを確認したのはロジャー海賊団だけなのだそう。

でも、ラフテルはグランドラインの最終地点。なら、ラフテルの場所はリヴァースマウンテンの近くにあるはずです。リヴァースマウンテンの近くにあるのになぜ誰も確認しないのでしょうか。ワンピースの世界には飛行能力を持つキャラクターもいるので確認くらいできるのでは?

そんなことから浮上したのが、「ラフテル海底説」です。

誰もラフテルを確認できないのは、海上から見えない場所にあるから、つまり、ラフテルは海底にある!というわけですね。

ロジャーが白ひげに「ラフテルへの行き方でも教えようか」と言っていたので、ラフテルには特別な行き方があるようです。

ラフテルへの行き方とリヴァースマウンテン

ラフテルが海底にあるのなら、ラフテルへの行き方とはどんな方法なのでしょうか。

海底1万メートルにある魚人島に行くときには、冬島によって冷やされた海水が作る下降流に乗りました。

ラフテルがリヴァースマウンテンの近くにあるのなら、冬島であるリヴァースマウンテンから潜り、海中を進んで到達するのかもしれません。

ナミが12巻の時点でこんなことを言っています。

ナミ「リヴァース・マウンテンは冬島だからぶつかった海流は表層から深層へもぐる」

これこそ、尾田先生が仕掛けたラフテルへの伏線なのかもしれません。

ロジャーの言葉「そこ」の意味

さらに、この説を裏付けるのはロジャーの最後の言葉です。

ロジャー「この世の全てをそこに置いてきた」

ロジャーが「ワンピース」を置いてきたのはラフテルとされているので、「そこ」とはラフテルのことです。もしかするとロジャーのセリフの「そこ」には「底」の意味もかけられているのかもしれません。

まとめ:「ラフテル海底説」信じる?信じない?

ラフテルの情報とロジャーのセリフからラフテルは海底にあるという「ラフテル海底説」をまとめてみました。

ラフテルが発見されるのはワンピースの物語の終盤だと思いますが、どんな場所なのでしょうか。尾田先生のことなので、今まで出てきたどんな島よりも魅力的な世界を描いてくれるはずです。楽しみですね。

さて、この伏線の真相はいかに。みなさんの意見をぜひ聞かせてください。

1件の返信

  1. 通りすがり より:

    ラフテルは海底にはありません。
    大秘宝へのヒントは作品の外にある。
    ファンタジーワールドに浸ってるかぎり絶対に見つけられない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ホールケーキアイランド編ネタバレ