世界会議に革命軍は動くのか!?イリシア王国レヴェリー参加の意味

...

世界会議に革命軍は動くのか!?イリシア王国レヴェリー参加の意味

イリシア王国(イルシア王国)(西の海)

出席者:タラッサ・ルーカス(未確定)

イリシア王国とは、ドラム王国編で描かれた8年前のレヴェリーで革命家ドラゴンを危険視する発言をした国王タラッサ・ルーカスが治める国です(名前は「ONEPIECE YELLOW」より)。

ワンピース本編には国名や人物名は登場しませんでしたが、82巻823話にはレヴェリーへ向かう各国の船の中に「ILISIA」と描かれた船が登場しています。

イリシア王国から参加する人物はまだ確定していませんが、過去のレヴェリーで国王が革命家ドラゴンを危険視していたことから、今回のレヴェリーでも革命軍と関係してくる可能性が高いです。

8年前に開かれたレヴェリーの議題で危険視された革命家ドラゴンが、世界への影響力を増して、今回のレヴェリーで大きなうねりを起こすとしたら熱い展開です。

先ほどのワポルの件、サボとステリーの再会を考えてもやはり何かしらの形で革命軍は世界会議に関係してくると考えられます。

革命軍の現在と世界会議

現在、革命軍の総本部「バルティゴ」は黒ひげ海賊団によって壊滅させられ、総司令官ドラゴンと参謀総長サボ含む革命軍メンバーの居場所は不明です。死傷者の情報は出ていないというので、革命軍はどこかに拠点を移したのかもしれません。

直前までバルティゴにいたドラゴンはコアラに次のような命令を出していました。

ドラゴン「あいつらの力が必要だ 世界に散る革命軍全軍のリーダー達を収集しろ…!!!」ワンピース80巻803話

ドラゴンが革命軍全軍のリーダーを集める理由は今のところ判明していませんが、何かしらの行動を起こそうとしていることは間違いありません。

メールアドレスが公開されることはありません。