プルトンの議題に黒ひげと革命軍乱入!?レヴェリー編で起こる事と世界会議参加国一覧

ホールケーキアイランド編後に描かれるレヴェリー編(世界会議編)。世界中から50カ国の王達が集結するというレヴェリーで、何が話し合われるのか気になりますね。

空白の100年や古代兵器プルトンの謎は明かされるのか。革命軍や黒ひげの登場はあるのか。

「レヴェリー編(世界会議編)」について、レヴェリー参加国や会議で話し合われる議題などの前提知識をまとめてみました。

マリージョアで開催される世界会議(レヴェリー)とは

世界会議(レヴェリー)とは

世界会議(レヴェリー)とは4年に1度世界の中心「聖地マリージョア」で行われる会議のこと。

  • 開催地:聖地マリージョア
  • 参加者:世界政府加盟国50カ国の王達
  • 議題:世界中で起きている重大な問題に関して言及・討議し、今後の指針を決定する

世界会議(レヴェリー)は4年に1度マリージョアで開かれる会議で、過去編やセリフの中には度々その名が登場しますが、ストーリーの時間軸上で開催されるのは今回のレヴェリーが初めてです。

ワンピースのストーリーに「世界会議(レヴェリー)」という言葉が初めて使われたのは「ドラム王国編」でした。ドルトンの回想の中で8年前のレヴェリーの様子が描かれています。

ホールケーキアイランド編後に「レヴェリー編(世界会議編)」が描かれるため、82巻823話ではレヴェリー開催に向けてマリージョアに向かう王達の様子が描かれました。

まずはレヴェリーの参加国を見ながら、レヴェリーでの議題や問題となる部分をまとめていきます。

世界会議(レヴェリー)参加国一覧(全50カ国)

世界会議(レヴェリー)参加国一覧

  • アラバスタ
  • リュウグウ王国
  • 悪ブラックドラム王国
  • サクラ王国
  • イリシア王国(イルシア王国)
  • ゴア王国
  • 花ノ国
  • ドレスローザ
  • プロデンス王国
  • (ジェルマ王国)
  • その他(全50カ国参加)

以上が現在までに確定しているレヴェリー参加国です(随時更新)。各国のレヴェリー出席者などの詳細も見ていきましょう。

レヴェリー編でアラバスタの古代兵器プルトンと「空白の100年」が明かされる!?

アラバスタ王国(グランドライン)

出席者:ネフェルタリ・コブラ / ビビ / イガラム / ペル / チャカ
護衛:海軍本部少将ヒナ / フルボディ / ジャンゴ

レヴェリーに参加する国の中でも特に重要な役割を果たすと思われるのがアラバスタ王国です。

82巻823話でレヴェリーに向かう王達の様子が描かれた際、アラバスタ王国国王コブラが意味深なセリフを残しています。

コブラ「あわよくば知りたい・・・その昔ネフェルタリ家の王は世界に何をしたのか・・・!!」ワンピース82巻823話

世界政府にこの謎を問いたいというのが、国王コブラが病を押してレヴェリーに出席する理由です。

アラバスタでのロビンとのやりとりを考えれば、「その昔」とはポーネグリフに書かれた「空白の100年」ということになります。

さらに、アラバスタのポーネグリフに書かれていたのは古代兵器プルトンに関することなので、アラバスタが世界にした行動とは古代兵器プルトンに関することと考えられます。

よって、国王コブラは「空白の100年にネフェルタリ家の王が古代兵器プルトンに関連して、世界にある行動をとった」と考えていて、その真実の歴史を世界政府に問いたいと思っているようです。

国王コブラがレヴェリーに提示する議題によって、空白の100年に起きたプルトンに関する歴史が明らかになるのではないでしょうか。一体、アラバスタは世界に何をしたのでしょうか。

世界会議で語られる空白の100年の謎とアラバスタ、そして古代兵器プルトン。レヴェリー編の最大のポイントとなることは間違いないでしょう。

そこで、このコブラの発言に関してアンケートです。

【世界会議編】空白の100年にネフェルタリ家の王が世界にした事とは?

  • あなたの選択肢を追加

回答の理由はコメント欄まで。

レヴェリー編(世界会議編)で魚人島リュウグウ王国の移住はどうなる?

レヴェリー編でもう一つ重要な議題はリュウグウ王国の地上への移住です。

リュウグウ王国(新世界)

出席者:国王ネプチューン / しらほし姫 / ネプチューン3兄弟

魚人島にてオトヒメ王妃による地上への移住のための署名活動が始まったのが16年前です。

しかし、フィッシャー・タイガーによる「マリージョア襲撃事件」が起きて以降、リュウグウ王国はレヴェリーへの参加を認められていませんでした。

今回のレヴェリーでついに、ネプチューン王が世界に対して「魚人島移住」の意志を伝えると言います。集められた署名が提出され、オトヒメが命がけで手に入れた天竜人の書状が効力を発揮するはずです。天竜人の書状にはこう書かれています。

天竜人の書状「魚人族と人間との交友の為 提出された署名の意見に私も賛同する」

天竜人による言葉はレヴェリーにおいて強い力を持つというので、この書状と共に集まった署名が提出されれば、魚人島移住はより現実的になるかもしれません。レヴェリーを経てオトヒメの願いは叶うのでしょうか。

レヴェリーでついにワポルが動く!?サクラ王国ドルトンとの因縁は

サクラ王国(グランドライン)

出席者:国王ドルトン / くれは(船医)

因縁

悪ブラックドラム王国(南の海)

出席者:国王ワポル

世界会議にはサクラ王国(元ドラム王国)から国王ドルトンが参加します。

「サクラ王国」とはかつてワポルが治めていた元ドラム王国ですが、ワポルがルフィに敗れた後、国名を「サクラ王国」と改め、元ワポルの部下ドルトンが新しい国王になりました。

一方、国を追われたワポルは「悪ブラックドラム王国」を建設して国王の座に返り咲き、祖国の王となったドルトンを引きずり落とそうと企んでいます。

レヴェリー編にワポルとコブラと革命軍の因縁

ワポルとの因縁といえば、アラバスタの国王コブラもまた、ドラム王国編に描かれた8年前の世界会議で言い争いをするシーンがありました。

当時のレヴェリーでの議題は革命家ドラゴンに関するものでした。当時、ドラム王国の国王だったワポルは「革命家などに惑わされる様な国政はやっとらん」と言い放っていましたが、現在、悪ブラックドラム王国が革命軍によって反乱を起こしているなんて展開もあるかもしれません。

ステリー再登場!!世界会議で革命軍サボとの対面はあるのか!?

ゴア王国(東の海)

出席者:ステリー王 / 王妃サリー・ナントカネット

ゴア王国から出席するステリー王にも注目です。ステリーはゴア王国過去編で登場したサボの義弟です。将来を有望視され、養子としてサボの父親に引き取られました。

サボの両親は息子が王族の娘と結婚することを願っていたので、ステリーは両親の願い通り王族の娘と結婚してゴア王国国王となったようです。

身分の低い者を「ゴミ」と呼ぶなど性格は幼少期から変わっていないステリー。貴族であることを恥じ、現在は革命軍となったサボとは当然相容れないでしょう。

ステリーはサボが天竜人に撃たれて死んだと考えているはずですが、サボとのレヴェリーでの再会はあるのでしょうか。サボがマリージョアを訪れるとすれば、革命軍の動きと関連しているはずです。

レヴェリーを機に革命軍は動くのでしょうか。

世界会議に革命軍は動くのか!?イリシア王国レヴェリー参加の意味

イリシア王国(イルシア王国)(西の海)

出席者:タラッサ・ルーカス(未確定)

イリシア王国とは、ドラム王国編で描かれた8年前のレヴェリーで革命家ドラゴンを危険視する発言をした国王タラッサ・ルーカスが治める国です(名前は「ONEPIECE YELLOW」より)。

ワンピース本編には国名や人物名は登場しませんでしたが、82巻823話にはレヴェリーへ向かう各国の船の中に「ILISIA」と描かれた船が登場しています。

イリシア王国から参加する人物はまだ確定していませんが、過去のレヴェリーで国王が革命家ドラゴンを危険視していたことから、今回のレヴェリーでも革命軍と関係してくる可能性が高いです。

8年前に開かれたレヴェリーの議題で危険視された革命家ドラゴンが、世界への影響力を増して、今回のレヴェリーで大きなうねりを起こすとしたら熱い展開です。

先ほどのワポルの件、サボとステリーの再会を考えてもやはり何かしらの形で革命軍は世界会議に関係してくると考えられます。

革命軍の現在と世界会議

現在、革命軍の総本部「バルティゴ」は黒ひげ海賊団によって壊滅させられ、総司令官ドラゴンと参謀総長サボ含む革命軍メンバーの居場所は不明です。死傷者の情報は出ていないというので、革命軍はどこかに拠点を移したのかもしれません。

直前までバルティゴにいたドラゴンはコアラに次のような命令を出していました。

ドラゴン「あいつらの力が必要だ 世界に散る革命軍全軍のリーダー達を収集しろ…!!!」ワンピース80巻803話

ドラゴンが革命軍全軍のリーダーを集める理由は今のところ判明していませんが、何かしらの行動を起こそうとしていることは間違いありません。

レヴェリー(世界会議)に参加するその他の国々

花ノ国(西の海)

出席者:(未確定)

ドレスローザ(新世界)

出席者:リク王 / ヴァイオレット / レベッカ(侍女)

プロデンス王国(新世界)

出席者:エリザベロー2世

ジェルマ王国(北の海)

出席者:(ヴィンスモーク・ジャッジ / ヴィンスモーク・イチジ)

世界会議(レヴェリー)に黒ひげ海賊団が乱入する?

ここまで、レヴェリー参加国について見てきましたが、レヴェリーといえば、もう一つ気になることがあります。それは、黒ひげ海賊団の動きです。

レヴェリー編は、ここまで見てきたようにドラム王国にそのヒントが隠されていると予想できます。

ドラム王国は、ルフィが訪れる直前に黒ひげの襲撃を受けて滅亡しました。このことから、黒ひげがレヴェリーに乱入してくる可能性が考えられます。レヴェリーに向かう王達が描かれた82巻823話でも黒ひげの話題が出ていました。

黒ひげといえば古代兵器プルトンと関係する人物であると考えられていますが、冒頭で見たアラバスタの古代兵器プルトンとの関係、先ほど見た革命軍との因縁もあります。

魚人島にてホーディがこんなセリフを残していました。

今年開かれる世界会議は絶好の好機だ 世界中の人間の王達をマリージョアで血祭りに上げ 恐怖の「海底帝国」の伝説は幕を開ける!!!ワンピース64巻634話

ホーディの計画は失敗に終わりましたが、このように考える者が出てきても不思議ではないでしょう。王達が集まる世界会議(レヴェリー)はまさに絶好のチャンスです。

果たしてその人物とは黒ひげなのか。だとすればその動機は何か。もう少しレヴェリーに関する情報が出てくるのを待つ必要があります。レヴェリー参加国についても情報が出次第更新していきます。

【投票】レヴェリー編で起こること予想

ここまで、レヴェリー参加国をまとめながら、レヴェリーで起こりそうなことを見てきました。最後にレヴェリー全体に関する投票です。

【世界会議編】空白の100年にネフェルタリ家の王が世界にした事とは?

  • あなたの選択肢を追加

投票やレヴェリーに関する予想などはコメント欄まで。

2件のフィードバック

  1. ゾロ より:

    ドレスローザの出席者はスカーレットではなくてレベッカだと思います。

  2. 天才の高1 より:

    ドラスローザはリク王とスカーレット、レベッカ、マーシェリー、キュロスだと思われます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ホールケーキアイランド編ネタバレ