【解説】新世界突入!全てはここから始まった!パンクハザード編を理解する

新世界に突入し、ワンピースの物語はますます複雑化しています。ここでは、新世界でのストーリーの根本となる「パンクハザード編」を振り返ってみましょう。

パンクハザード上陸

魚人島を出発した麦わらの一味は、パンクハザードからの緊急信号を受け、指針を無視してパンクハザードに到着しました。そこで、「パンクハザード偵察隊」と「サニー号チーム」に分かれます。

パンクハザード偵察隊

  • ルフィ
  • ゾロ
  • ロビン
  • ウソップ

サニー号チーム

  • ナミ
  • サンジ
  • チョッパー
  • フランキー
  • ブルック

パンクハザードとは

パンクハザード

政府の科学者ベガパンクの元実験施設であり、兵器や薬物の開発がされていた場所。4年前に化学兵器の実験失敗によって有毒物質が撒き散らされ封鎖された。事故から1年後、シーザーの能力により毒ガスは浄化され、現在はシーザーの研究施設となっている。

ベガパンク

ベガパンク
海軍科学班のトップであり「世界最大の頭脳を持つ男」と呼ばれる天才科学者。

対立

シーザー・クラウン

シーザー・クラウン
Dr.ベガパンクの元同僚
大量殺戮兵器の一人者

パンクハザードはまた、海軍本部大将赤犬と青雉の決闘の地でもあります。

赤犬と青キジの決闘

頂上戦争後、次期元帥の座に赤犬が就くことに青キジが反対したことで2人は対立し、パンクハザードで10日間に及ぶ決闘が行われた。その影響により、島は「燃えさかる炎の土地」と「凍てつく氷の土地」に二分されている。

パンクハザードでの出来事時系列

[ 時系列 ] パンクハザードでの出来事

〜4年前
ベガパンクの実験施設
4年前
化学兵器の実験に失敗 パンクハザード封鎖
3年前
シーザーが住み着く 毒の浄化
2年前
赤犬と青キジの決闘 気候の変化
2年前
茶ひげ上陸
数ヶ月前
トラファルガー・ロー上陸

さて、そんな「パンクハザード」に上陸した麦わらの一味の行動を振り返ってみましょう。

サニー号チーム

サニー号に残されたサンジ、ナミ、チョッパー、フランキー、ブルックは何者かの放った催眠ガスで眠らされ、研究所へ連行されます。その際、ブルックだけは連行されませんでした。

目を覚ましたサンジらはシーザーの研究所内でワノ国の侍 錦えもん(頭部)と出会いました。

ワノ国の侍 錦えもん

「狐火の錦えもん」の異名を持つワノ国の侍。「ドロン」と唱えることで衣服を作り出す能力を持つ。行方不明の息子「モモの助」を探している。

研究所から脱走したサンジらは、脱走途中に出会った巨大な子供達に助けを求められました。子供達を連れ研究所を出た際、トラファルガー・ロー及びスモーカー率いる海軍G-5とはち会います。

ビスケットルームの子供たち

病気の治療のためと騙されてパンクハザードへ連行され、「人の巨大化」の実験台にされた子供達。巨人族並みの腕力を持つ。

スモーカー率いる海軍G-5支部

海賊を無慈悲に扱う無法者集団。緊急信号を盗聴しルフィを追ってパンクハザードへ。

一方、死体と間違われサニー号に残されたブルックはガスマスク姿をしたシーザーの部下を倒しました。この時、サニー号は島の反対側へ運ばれており、上陸したブルックはシーザーの研究所を発見します。

さらに、ブルックは錦えもん(胴体)と遭遇しています。

パンクハザード偵察隊

緊急信号を出した人物を探しにパンクハザードへ上陸したルフィらは、火を噴くドラゴンに遭遇します。ゾロによって倒されたドラゴンの頭に刺さっていた錦えもん(下半身)を連れて島の反対側へ。


©尾田栄一郎「ONE PIECE」66巻655話|パンクハザード入り口

ブルックからの連絡でサンジらが行方不明になったことを知り、目的を変更して仲間救出に向かいます。

途中、元海賊茶ひげに襲われるも、駆けつけたブルックに助けられ、ワニのケンタウロスである茶ひげに乗って研究所へ。

ローのジャンブルズによる入れ替わり

オペオペの能力者トラファルガー・ロー

パンクハザード編トラファルガーロー王下七武海、ハートの海賊団船長。超新星の一人としてシャボンディ諸島でルフィと共闘し、頂上戦争ではマリンフォードからルフィを保護して女ヶ島に送り届けた。「オペオペの実」の能力者であり、一定範囲にサークルを発生させ、その内部を手術室のように支配できる「改造自在人間」。

研究所入り口ではトラファルガー・ローと海軍G-5が戦っていました。ローの「オペオペの実」の能力により、スモーカーは心臓を抜かれました。

さらに、サンジらはローの「ジャンブルズ」によって精神を入れ替えられました。

そこへ到着したルフィら偵察隊チームとブルック。麦わらの一味は合流し、ローの指示で研究所の裏口の山へ。

パンクハザード編に残された謎

  1. パンクハザード入り口に海軍、世界政府のマークと共に描かれたマークの意味は(66巻565話)
  2. 巨人より大きい頭蓋骨の正体(66巻565話)
  3. ベガパンクが創り出した竜に天竜他人がつけた名前とは(67巻664話)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ホールケーキアイランド編ネタバレ